た~みなるねんど

[FuelPHP][さくらインターネット]スタンダードにFuelPHP1.7をインストールする

[FuelPHP][さくらインターネット]スタンダードにFuelPHP1.7をインストールする

俺は!
FuelPHP1.7をインストールすることを強いられているんだ!
たとえ!
oilのインストールがよくわからなくとも!
500の嵐にみまわれようとも!
timezoneの設定をしていないと怒られようとも!

(´・ω・`)もうなにがなんだかわからない(試行錯誤しすぎて何が効いたのかわからない)

注)1.5以前の設置はもう少し楽……いや、大変であることに変わらない


方法:

  1. http://fuelphp.com/からzipを落として解凍
  2. さくらサーバーの自分のとこのwww以下の好きなところ(ここではwww/hoge/とする)に「fuel」「public」「composer.phar」「composer.json」「oil」を置く
    ※このままだとwww/hoge/public/にアクセスしないと見ることが出来ない。残念ながら今回はwww外にfuelを設置するのに失敗した(1.5以前ならpublic/index.php内のAPPPATH・COREPATH・PKGPATHのパス定義を書き換えればいけた)が、サブドメインの設定でpublicのパスを指定すればアクセスは簡単なのである。むう…index.phpとoilのパス書き換えじゃうまくいかんのだ……
  3. SSH接続して、www/hoge/まで移動する。その後「php composer.phar update
    [追記 2014/01/21]1.7はやっぱいらないみたい。てかそもそもpharないかも。1.6??
  4. public/.htaccessのわりと最初の方にあるOptions +FollowSymLinks -Indexesの前に#つけてコメントアウト無力化。さくらではこれがあると500しか出ない
  5. fuel/app/config/config.phpのどこかにある‘default_timezone’ => none,のコメントアウトを外して(文頭の//を消す)、noneの代わりに‘Asia/Tokyo’等好きなことを書いておく

一応これでwelcomeページを見ることが出来る。おなじみの。だがなんか地味にすぐには姿を見せてくれないあいつ。
FuelPHP Framework
とりあえずここまで記録。第二回戦ありそうな気がしないでもなし。

あ、そうだ、fuel/app/config/routes.phpのデフォルトルート、最初はwelcome/indexになってるから自分の用意したトップページに書き換えた方が良いよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)