た~みなるねんど

[Swift]導入してみた。

[Swift]導入してみた。

わたしがiOSアプリ界についに参戦!

といいたいところだが、まずSwift環境を整えるところから始めないといけないぞ。

今の私のmac miniちゃんはOS X 10.9.4にしてXcode5。
どうやらXcode5ではSwiftするにはちょっと足りないらしい。
xcode5 – Can I compile Swift code on Xcode 5? – Stack Overflow

でもって現在Xcode6はべーた版にしてあっぷるにお布施しないとゲットすることが出来ない。
Xcode – Downloads – Apple Developer
SwiftとXcode6 Betaを始めてみる。

Sign in with the Apple ID associated with your membership in the iOS Developer Program or Mac Developer Program to download and install the latest pre-release version of Xcode.

デベロッパーにはiOSとMacの両方があるが、どちらでもいいようだ。
現在の年間参加費は7800えん税別。
必要経費、かな…(´・ω・`)
デベロッパー登録にはApple IDが必要。んで、私は既に個人でアカウントを持っているわけだが、どうもそちらとは分けた方がいいという噂を耳にしたので新しくアカウントを作ることにする。(登録名だか何だかを日本語にするともれなくサポートセンター行きらしい)

開発専用のApple IDを用意した方が良い理由 | UQ Times 開発の記録
作ったら、既に持ってますよ~の方からGO。
Sign in or create an Apple ID – Apple Developer Program Enrollment
でもってさくさく~と登録。すると、登録したメールアドレスにあくてぃべぇと云々のメールが届く。
ひさびさにiOSデベロッパー登録やってみた(・ω・)ノシ (3)iOS Developer Program登録の続き – Activationからメール問い合わせまで – やすはるラボ+嫁(*・ω・)
メールが届くのに数時間~数日かかるらしい。

届きません。
(・∀・;)無駄に待っちゃったよ。
有料のiOS Developer Programに登録してみた – maechan.tech.blog

というわけで、早速iOS Dev Centerにアクセスしてログイン、iOS 8 beta 2タブ内にあるXcode.dmgをダウンロードなんである。
2GB越えなんで辛いんである…。(mac miniを無線lanで使ってるマン)
とにかく何とかげっとしたらいつも通りdmgをぽいっ。

これで、多分従来のXcode5とは別にbetaの赤帯のついたアイコンがApplicationだのLaunchPadだのに追加されてるので起動可能。

あとはiTunes – ブック – Apple Inc.「The Swift Programming Language」をインストールしてiPadに……あれ、iPadにiBooks入ってねえ。
とりあえず、Playgroundってやつで軽いことはできるのでその辺は次回以降。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)